背中ニキビの特徴、対策



●背中ニキビの特徴
背中ニキビの多くは汗が原因です。寝汗や運動後の汗と衣類による刺激によってニキビができやすくなります。また、洗濯洗剤や柔軟剤が合わないと背中、胸元にニキビができやすくなります。洗剤については無添加タイプ、アトピー用などの肌に優しいタイプの使用をおすすめします。

背中ニキビは顔のニキビとは異なります。顔のニキビは毛穴づまりから、アクネ菌が発生して炎症を引き起こします。背中や胸元のニキビはアクネ菌ではなく、マラセチア菌が原因になります。マラセチア菌は真菌(カビ)の一種です。夏場、汗が出やすい時期に増えるのが一般的です。

●背中ニキビ対策

・抗真菌薬
マラセチア菌はカビの一種です。背中ニキビは一度できると拡がりやすく、なかなか治りません。皮膚科にいくことで抗真菌薬を処方してもらうのが最も有効な治療法です。ケトコナゾールと呼ばれる真菌を殺菌する塗り薬で、背中ニキビや脂漏症皮膚炎に有効です。

・漢方薬 十味敗毒湯
10種類の生薬を配合した十味敗毒湯は化膿性の皮膚湿疹に有効な漢方です。炎症を抑える作用、結構を良くする作用、排膿を助ける働きなどを持つ生薬を組み合わせています。市販でも販売されていますが、できるだけ皮膚科や漢方薬局で確認する事をおすすめします。

・抗カビ成分配合のボディソープ
コラージュフルフルのボディ石鹸にはミコナゾール硝酸塩を配合。ミコナゾール硝酸塩にはカビの繁殖を抑える作用があります。さらに細菌を抑えるトリクロサンも配合しています。真菌と細菌を抑えることで背中ニキビを改善します。脂漏症皮膚炎など、頭皮用のシャンプーも販売されています。


商品名ランキング

ルナメアAC

詳細はコチラ
NOV ACアクティブ

詳細はコチラ
ビーグレン

詳細はコチラ