角質肥厚を改善する方法

角質肥厚とは、代謝の低下、ターンオーバーの乱れによって古い角質が溜まっている状態です。古い角質が増えると毛穴が狭くなり、ニキビの原因となる毛穴づまりになってしまいます。



●角質肥厚の原因
角質肥厚の原因は様々です。その一つに乾燥があります。肌の乾燥はバリア機能の乱れが原因です。バリア機能が乱れていると、肌は角質層をどんどん作り上げます。その結果、角質層が積み上がってしまいます。紫外線に関しても同じです。紫外線から肌を守るために角質を厚くする作用が働きます。

その他には洗顔やクレンジングなどによる摩擦にも注意が必要です。脱脂力の強い洗顔は乾燥を招きます。バリア機能の乱れを引き起こすと、肌はいつも異常に角質層を作り始めまてしまいます。その他に、ストレスや睡眠不足などによるホルモンバランスの乱れも皮膚を硬くする作用があります。その他には、加齢による代謝低下もターンオーバーの低下、角質肥厚を招きます。

●角質肥厚を改善する方法
角質肥厚を改善する方法として酵素洗顔があります。パパイン酵素と呼ばれる酵素を配合したパウダー洗顔料「パパウォッシュ」などが有名です。パパイン酵素には古い角質を分解する作用があり、洗いあがりは非常につるつるします。その他には、ピーリング石鹸です。ピーリングとはAHA(フルーツ酸)と呼ばれる酸によって古い角質を溶かします。パパイン酵素よりも刺激は強いのですが、効果もつよめです。サンソリットのスキンピールバーというピーリング石鹸が有名です。グリコール酸というフルーツ酸を配合し、古い角質をしっかり取り除き、詰まった皮脂の排出を促進します。ピーリングは刺激が強いため、赤みが出ることがあります。洗顔後はしっかり保湿し、3日に1回程度など、日を開けて使用する事をおすすめします。

古い角質の除去にはビタミンAを配合したレチノイン酸も有効です。レチノイン酸は刺激は強めですが、ターンオーバーの改善作用によって、古い角質を取り除く作用があります。毛穴の皮脂を排出し、ニキビを改善します。その他にも、コラーゲンの合成作用やシミの排出作用などもあります。レチノイン酸は刺激が強いため、美容皮膚科で処方しています。ホルモンバランスの乱れは睡眠時間や休息をしっかり取ることが最も重要です。食事では大豆イソフラボンを配合した豆腐や豆乳、納豆などがおすすめです。代謝をあげるには血流改善作用のあるビタミンE(アーモンド、たらこ、かぼちゃ、ツナなど)が有効です。


商品名ランキング

ルナメアAC

詳細はコチラ
NOV ACアクティブ

詳細はコチラ
ビーグレン

詳細はコチラ