活性酸素を阻害する方法

活性酸素は老化の原因の一つです。酸素を吸うだけで、一定量の活性酸素は発生します。30代までは活性酸素を取り除くSODという酵素が活発に働きますが、年齢とともにSODが減少します。その結果、細胞が酸化しやすくなります。



●活性酸素の原因
活性酸素の発生の原因は老化をはじめ、紫外線、ストレス、喫煙、食品添加物などがあります。肌の老化には加齢や活性酸素、ストレスなど様々な要因があります。

●活性酸素の影響
・ニキビの悪化
皮脂の増加によって発生するアクネ菌は、皮脂を栄養素にして繁殖します。アクネ菌が皮脂を分解する時にポルフィリンと物質が発生します。ポルフィリンは紫外線を浴びる事で活性酸素を発生させます。この活性酸素が炎症を悪化させてしまいます。

・シミ、シワなどの肌老化
紫外線、ストレスなどによって発生する活性酸素はシミの元になるメラノサイトを活性化します。メラノサイトが働くことで、チロシンやチロシナーゼ酵素が生成され、メラニン色素が出来上がります。また、活性酸素は細胞やコラーゲン繊維にダメージを与え、シワの原因にもなります。

・血流の低下
活性酸素は血液中にあるコレステロールや中性脂肪を酸化させます。その結果、血栓ができやすくなります。さらに、血管壁にまでダメージを与える事で生活習慣病や動脈硬化の原因にもなります。

●活性酸素を阻害する栄養素
・ビタミンC
ビタミンCに強い抗酸化作用があります。肌老化にはもちろん、風邪からがんまで幅広い範囲で効果を発揮しています。ビタミンCを含んだ食事(イチゴ、レモン、パセリなど)をはじめ、ビタミンC配合の化粧水なども使用する事がおすすめです。

・ビタミンE、βカロテン
ビタミンE、βカロテンにも抗酸化力があります。ビタミンEはカボチャ、パセリ、ブロッコリーなどに豊富です。βカロテンはニンジン、パセリ、カボチャ、ほうれん草などに含まれています。

・ポリフェノール
ポリフェノールにも強い抗酸化作用があります。ポリフェノールは緑茶に含まれるカテキン、ゴマに含まれるリグナン、ブルーべりーに含まれるアントシアニン、大豆に含まれるイソフラボンなどがあります。

・カロテノイド
鮭や蟹に含まれるアスタキサンチンをはじめ、トマトに含まれるリコピン、βカロテン、ほうれん草に含まれるルテインなどがあります。

・生活習慣の改善
喫煙は活性酸素を急激に増やします。肌老化の大きな要因になるので、控える事をおすすめします。その他、紫外線や過渡のスポーツ、食品添加物なども活性酸素が増える要因になります。


商品名ランキング

ルナメアAC

詳細はコチラ
NOV ACアクティブ

詳細はコチラ
ビーグレン

詳細はコチラ