ニキビ跡を改善する方法



●ニキビ跡の種類
ニキビ跡はニキビの炎症が悪化することで発生します。炎症がひどくなると真皮などのコラーゲンや血管などにダメージを与えます。ダメージがひどくなると、赤みや色素沈着などのニキビ跡が発生します。さらに、ひどくなるとコラーゲンにもダメージを受けてクレーター状のニキビ跡が発生します。

・赤みのニキビ跡
赤みは肌の奥にある血液(ヘモグロビン)が溜まっている状態です。炎症によって血管にダメージ受けてることで発生します。赤みのあるニキビ跡は炎症を抑え、毛細血管の拡張を抑える事が大切です。

・色素沈着、シミ
茶色や紫色の色素が残った状態です。茶色のニキビ跡はニキビを潰したり、紫外線を浴びることで発生したメラニン色素です。紫色のシミは赤みと同じく炎症による血管へのダメージが原因です。

・クレーター
クレーター状のニキビ跡は炎症がひどくなり、真皮や皮下脂肪の細胞組織がダメージを受けている状態です。コラーゲンが変性することで凹凸ができてしまいます。

●ニキビ跡を改善する方法

・ビタミンC誘導体
ニキビ跡対策で使われるのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体にはコラーゲン合成作用や皮脂分泌をコントロールする作用、抗酸化作用などがあります。ビタミンC誘導体配合の化粧水、イオン導入などによってニキビ跡にアプローチします。

・ピーリング
ピーリングとはフルーツ酸などによって古い角質を分解し、人工的にターンオーバーを引き起こす方法です。フルーツ酸配合の石鹸でセルフケアを行うのが一般的です。その他、美容皮膚科ではケミカルピーリングと呼ばれる強い作用のある治療も行われています。ピーリングは強制的に角質を取り除くため、赤みなどが出ることもあるため、週に1回程度行います。

・レーザー治療
レーザー治療とはニキビ跡の部分にいろんな波長のレーザー光線をあてる治療です。美容皮膚科で行っているレーザー治療にはフラクセルレーザーがあります。皮膚の奥にレーザーを照射することで、細胞を刺激してクレーター状のニキビ跡を治す治療です。その他、赤みのあるニキビ跡には光を使用するフォトRFで治療しています。


商品名ランキング

ルナメアAC

詳細はコチラ
NOV ACアクティブ

詳細はコチラ
ビーグレン

詳細はコチラ