腸内環境を改善してニキビケア



腸内には悪玉菌と善玉菌と呼ばれる腸内細菌があります。便秘や肌荒れは悪玉菌が増加する事で発生します。悪玉菌によって毒素が発生すると、血液中に毒素が入り込んでしまい、肌荒れやニキビ、吹き出物が発生します。ここでは善玉菌を増やし、腸内環境を改善する栄養素について紹介します。

●乳酸菌
善玉菌を増やす栄養成分で有名なのが乳酸菌です。乳酸菌にはヨーグルトをはじめ、漬物類、味噌、乳酸菌飲料、サプリメントなどによって補給できます。乳酸菌にはヨーグルト、チーズに含まれる動物性乳酸菌、漬物や味噌に含まれる植物性乳酸菌があります。

●オリゴ糖、ビフィズス菌
オリゴ糖は分解されることなで腸に到達する栄養成分です。オリゴ糖にはビフィズス菌を増やす働きがあり、腸内に善玉菌を増やす働きをします。オリゴ糖、ビフィズス菌は便秘解消や肌荒れ改善をサポートします。

●食物繊維
便秘は悪玉菌による毒素の増加を引き起こします。そこでしっかり摂りたいのが食物繊維です。食物繊維には消化、吸収、排出をスムーズにする働きがあります。不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、不溶性食物繊維は野菜、豆類、キノコなどに含まれています。水溶性食物繊維はアボガド、オクラ、海藻類に豊富です。水溶性、不溶性のどちらも意識的に摂りたい栄養素です。

乳酸菌や食物繊維を意識してシッカリ摂ることで腸内環境は改善します。その結果、善玉菌が増えて便秘や肌荒れ、ニキビが改善してきます。


商品名ランキング

ルナメアAC

詳細はコチラ
NOV ACアクティブ

詳細はコチラ
ビーグレン

詳細はコチラ